一歳になるまでにオリゴ糖で腸内環境を整えよう!

一歳になるまでにオリゴ糖で腸内環境を整えよう!

消化器官がまだ弱い赤ちゃんは便秘や下痢を繰り返します。
この時期に強い腸内環境づくりをしてあげることがこれから人生にも大きくかかわります。

腸内環境ってどのくらい大事なの?
どうやって子供の腸内環境をよくしてあげられる?

一歳までで決まってしまう腸内環境?

赤ちゃんの腸内にはたくさんの善玉菌があふれています。
特に母乳とミルクだけを摂取している時期には腸内のほとんどの菌が善玉菌です。
ですがこれは腸内に定着しているわけではないので、何かのことをきっかけに外に排出されてしまったり、悪玉菌にあっという間に占拠されてしまいます。

離乳食が始まると食事と一緒に様々な菌も口から入ってきます。
これによって徐々に善玉菌が腸内に増えていきます。
この時期に腸内の善玉菌を増やして定着するかどうかで大人になってからの腸内環境が決まってくるといわれています。
どんなことでもそうですが、小さいころの食生活もその後の人生に大きく影響するのです。

もし腸内環境が悪いとどうなる?

腸には全体の約6割の免疫細胞が集まっているといわれています。
体を菌やウイルスから守ってくれる物質がたくさん集中しているということです。

腸内環境が劣悪だと免疫力が低下します。
そうすると病気や風邪にかかりやすくなるのです。

さらに免疫ということからいうとアレルギーや喘息も免疫異常からおこるものです。
腸内の免疫細胞が正常に働くことで異物に以上に体が反応することもなくアレルギーの改善にもつながります。

花粉症にヨーグルトがいいという研究結果が最近報告されましたが、それも抗アレルギー作用がヨーグルトに含まれる菌にあるためといわれているからです。
そのように腸内細菌が活発に働くことでアレルギーの改善にも効果があります。

オリゴ糖でわが子の腸内環境を整えてあげよう

空調が効きすぎているたり、湿度がない高温な場所にいるなら、目は乾いてしまいます。
加湿器などを使用して目を乾燥から守っていきましょう。

まとめ

小さいうちに腸内環境を整えてあげることはお母さんのおしごとの一つです。
オリゴ糖で赤ちゃんの腸を守ってあげましょう。


1歳の赤ちゃんを便秘から守る!おすすめのオリゴ糖は?

案件紹介

コラム記事