一歳児の便秘解消にはオリゴ糖?!

一歳児の便秘解消にはオリゴ糖?!

排便がうまくいかずに泣き出してしまうわが子を見るのは、お母さんにとってもとても辛いものです。
赤ちゃんの便秘を解消するためにオリゴ糖を使っている人が多いようですが、「本当に効果はあるの?」ということで人気のオリゴ糖と一緒にその効果を紹介します。

赤ちゃんの便秘の理由

腸内には大きく分けると「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」という菌類がいます。
善玉菌の一つのビフィズス菌は腸内環境を整え便通をスムーズにしてくれます。
大人の場合腸内に住むビフィズス菌は10~20パーセントです。

それとは異なり生後5~7日の生まれたての赤ちゃんの腸内細菌は大部分がビフィズス菌です。
母乳やミルクだけを飲んでいる間はこの状態が続きますが、離乳食が始まると腸内では他の菌類が増えていき、一歳までにはビフィズス菌が半減します。

赤ちゃんにオリゴ糖を与えて大丈夫?

腸内環境を整えるには善玉菌を増やすことが必要です。
オリゴ糖は善玉菌のエサになり積極的に摂ることによってその数が増えていきます。
オリゴ糖といってもいろいろな種類があり難消化のものを選ぶと腸まで届くので有効です。

オリゴ糖は自然の素材からとられていて、お母さんの母乳にも含まれている成分なので、赤ちゃんに与えても安心です。
薬と異なり副作用などもないのが嬉しい特徴です。
ただ摂りすぎるとお腹が緩くなることがあるので、決められた用量を守って摂取してください。

おススメのオリゴ糖

はぐくみオリゴは5種類のオリゴ糖をブレンドしています。
腸内に存在する善玉菌はどのオリゴ糖でもエサにして増えるわけでなく、一つの菌に一種類のオリゴ糖と決まっています。
腸内細菌の種類は人によって異なるので、オリゴ糖の種類も多い方が効果を期待できます。
一種類しか入っていないオリゴ糖食品を飲んだ時に、効き目がないこともあるのもこの為です。

純度は100%。含まれている成分がすべてオリゴ糖なのが人気です。
カイテキオリゴは3種類のオリゴ糖が配合されています。
種類ははぐくみオリゴより少ないですが、腸内細菌を増やすラフィーノスが多く含まれているので、便秘解消の効果が期待できます。
サラサラした粉末が特徴なので、離乳食に混ぜたり、ミルクや白湯に混ぜてもすぐに溶けるのが好評です。

カイテキオリゴはネット通販でしか購入ができないので注意してください。
お客様サポートもついているので、飲み方のアドバイスなどを求めることもできます。

当サイトが調べたおすすめのオリゴ糖は?

まとめ

離乳食を始めた赤ちゃんは水分が足りていない場合もあるので、こまめに水分補給をしてあげましょう。
それと同時に自然のものから作られるオリゴ糖は、体にも優しく赤ちゃんにも無害なのでぜひ試してみてください。

案件紹介

コラム記事