赤ちゃんの便秘が気になり始めたらどうする?

赤ちゃんの便秘が気になり始めたらどうする?

一歳くらいになると離乳食も完了期に入り、大人と同じものを食べることも増えてきます。
その頃になると大体の赤ちゃんが一度は便秘になるもの。
でも便秘で苦しむ赤ちゃんを見るのはお母さんにとってはつらいですね。

では、どうやって改善したらいいでしょう?

オリゴ糖で腸内を元気に

離乳食を始めると腸内にはいろいろな菌が増え始めます。
母乳やミルクだけを飲んでいたときには腸内細菌のほとんどが善玉菌。

ですが悪玉菌が増えていくことで便秘になることもあります。
善玉菌はオリゴ糖を餌にして増えていくので、オリゴ糖食品を飲ませて腸内環境を整えてあげるのは良い方法です。

お腹のマッサージ

お母さんの手でお腹をのの字にマッサージしてあげたり、赤ちゃんを仰向けにさせた状態で足を曲げ伸ばしお腹に刺激を与える方法も効果があるようです。
しばらくうつぶせて遊ばせるのもお腹のぜん動運動を活発にさせるのに役立ちます。

便秘かなと心配になった時

大人も子供も毎日快便が理想です。
でも人によっては2.3日でなくても大丈夫という人もいます。

それとは反対に一日でも出ないと気分が悪くなってしまう人も。
大人なら不快の度合いが自分でわかるので、薬を飲んだり病院にいったりできますが、赤ちゃんは口で不快さを伝えることができません。
だからこそ赤ちゃんの様子を見てチェックしてあげましょう。

まずは、食欲はあるかをチェックです。
便が出ていなくても食欲があるうちは大丈夫です。

なるべく水分をたくさん含んでいるものや水溶性の食物繊維を食べさせるようにしましょう。
食欲がない時には水分だけは与えるようにしましょう。

もし便が出ても食欲が戻らない時には他の原因も考えられるので、熱があるなどの他の症状がないかどうかチェックしましょう。

他には、ご機嫌なども伺いましょう。
便が出ていなくてもご機嫌なら大丈夫でしょう。
水分をこまめに飲ませたり、お腹のマッサージをしたりして早めに便が出るように助けてあげましょう。

便が出ていなくて機嫌も悪いようならかなり不快度が高いと考えられます。
オイルをつけた綿棒などで肛門を刺激したりして便が出るようにしてあげましょう。

まとめ

病院に行けば浣腸をしてスッキリしますが、できたら自然に治してあげたいですよね。
なので、病院に連れていくタイミングをしっかり見極めましょう。
お家でできる対処はしっかりしてあげて、それでも悪化するようだったら病院で治してもらいましょう。

善玉菌を増やすにはオリゴ糖を取り入れるのも効果的ですよ。
1歳の便秘解消にはオリゴ糖がいい?

案件紹介

コラム記事